講師紹介

”Music is the language of the heart without words.”
-​Shinichi Suzuki-

堀バイオリン教室では、お子様のレッスンを行う際、

スズキ・メソード創始者 鈴木鎮一先生のお言葉である

「才能は生まれつきではない。よい能力が育つ環境を与える」

ということを大切にレッスンを行なっております。

そして、子ども時代に楽器を習得することが、

やる気忍耐力協調性など、

いわゆる「非認知能力」を育むことにつながると考えています。

そして、一番大切なことは、

「子供たちを、人々から愛され、人々を愛し、人々のために生き、

幸せな喜びの人生を歩むことのできる人に育ててください」

この言葉をいつも胸に刻み、レッスンを行なっています。

堀脩史.jpg

​ヴァイオリン

堀 脩史

3歳よりヴァイオリンをはじめる。

10歳でオーケストラと共演。

15歳で米国ミシガン州の

インターローケンアーツアカデミーに

奨学金を得て留学。マンハッタン音楽院、

ニューヨーク大学大学院を経て、

マネス音楽院でアーロンローザンドのもと、

研鑽を積み、プロフェッショナル

ディプロマを取得。その後、

シカゴシビックオーケストラメンバーや、

ニューヨーク州に立ち上げられた

オーケストラ・ナウの創設メンバーとして活動。現在、100万人のクラシックライブ

演奏家兼スタッフとしても活動。

鶴 友見 (C)N.Ikegami 11-06.jpg

​©︎N.Ikegami

​ヴァイオリン・ヴィオラ

鶴 友見

5歳よりヴァイオリンをはじめる。

高校3年でヴィオラに転化し、国立音楽大学

演奏学科ヴィオラ専攻卒業。

及び、室内楽コース修了。

入学と同時にGluckカルテットを結成し、

第6・7章プロジェクトQに参加。

第4回横浜国際音楽コンクール第3位。

サントリーホール室内楽アカデミー第1期生。

PMF2013・2014に参加。2015年小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトⅩⅢ、スイスにてLucernFestival Academyに参加。MMCJ2015・2016に参加。NPO法人トリトン・アーツ・ネットワーク主催アウトリーチセミナー2018に参加。桐朋学園オーケストラアカデミー研修課程修了。

ヴィオラを川崎和憲・店村眞積・鈴木学の各氏に師事。室内楽を徳永二男・漆原啓子の各氏に師事。

※堀バイオリン教室ではチェロの先生もご紹介できます。お問い合わせフォームよりご相談ください。